弁護士紹介

ごあいさつ

弁護士 吉本晴樹 まいづる法律事務所は、2011年5月、平和・民主主義・人権擁護をめざす舞鶴の人々の力に支えられて設立されました。舞鶴を中心に京都北部地域における法的サービスの充実に努めております。
働く人々をはじめ、広く市民のみなさまに身近な相談所としてご利用いただきたいと思っております。

どのような法律問題でもお話をお聞きしますので「こんなときどうしよう」と思ったらお気軽にご相談ください。

プロフィール

弁護士 吉本晴樹

弁護士 吉本晴樹

 京都弁護士会 所属
 京都府京都市生まれ
 立命館大学法学部卒業
 立命館大学法科大学院修了
 司法試験合格
 京都第一法律事務所、福知山法律事務所を経て
 まいづる法律事務所を開設。

  

  

所属
京都弁護士会 弁護士偏在問題対策委員会
同 高齢者・障害者支援センター運営委員会
全国倒産処理弁護士ネットワーク
日本労働弁護団
自由法曹団
青年法律家協会

著作
『自治体職員の働く権利Q&A』執筆担当(日本評論社・2016年)
「京都市教育委員会分割発注訴訟で和解が成立」(ねっとわーく京都・2014年12月号)
「Xバンドレーダー基地問題~地元を軽視する防衛局の実態」(ねっとわーく京都・2014年7月号)
「違法な随意契約を繰り返した京都市教育委員会の実態」(ねっとわーく京都・2010年1月号)
ほか多数

講演
「成年後見制度概論」(福知山市社会福祉協議会様・市民後見人養成講座、2017年8月)
「成年後見制度について」(京丹後市様、2017年6月)
「残業代トラブル多発時代の到来」(京都府中小企業労務改善集団連合会様、2012年12月)
「相続と遺言」(舞鶴市西公民館様、2011年7月)
「相談支援活動における必要な法律知識」(2011年1月)
ほか多数
 

お問い合わせ